Women Complex

ピックアップ

中期的な治療

中絶手術には法律で定められている期間があります。この期間に行なう初期のものと、中期に行なうものがあり、いずれかのタイミングでしか中絶手術を行なうことはできません。

詳細を読む

中絶するということ

望まない妊娠をした場合、中絶手術を決意したら早めに病院を探し相談することが大切です。初期中絶手術の場合は母体や費用面でも負担は抑えられますが、中中期中絶手術の場合は、大掛かりな手術になるため、母体への負担が懸念されます。

詳細を読む

リスクを知る

望まない妊娠によって堕胎する場合、手術には少なからずリスクが伴うことを知ることが大切です。子宮を傷つけてしまう恐れがあることや、不妊の可能性を高めてしまうことだけでなく、精神的に苦しんでいる人がいることを知ることが、避妊へのしっかりとした意識に繋がります。

詳細を読む

受ける意味と期間

妊娠し、体内に子供を宿してから役12ヶ月で赤ちゃんとして誕生してきます。しかし、その子供を育てることができないという人は多く、どうしていいのか分からないなどの悩みを抱える人も少なくありません。そういった際に行なうことができるものとして、中絶手術があります。中絶手術を行なうことで、子供の心配を解消することができます。しかし、この中絶手術を行なうにはいくつかの条件があり、それを満たさなければ受けることが難しくなります。

中絶手術は気軽に行えるものでもなく、倫理観の問題としても度々取り上げられるほど重要なものです。その為、やむをえない事情などが必要となります。また、続けて行なうことで、大きな負担を母体に与えることになり、将来的に妊娠ができなくなるといったリスクが起こる可能性もあります。手術の時間は比較的短く、すぐに終わるものです。方法は主にソウハ法と吸引法の二つがあります。この二つの方法から、医師が適切なものを選択して行なうのです。しかし、いつでもできるというものではなく、妊娠状態が長い間続いてしまった場合には施すことが難しいといったことがあります。つまり、中絶手術は早期の判断がとても重要になってくるといえるでしょう。

費用はクリニックにより異なる場合が多くあります。全国的な費用の平均は少なくて10万円程度からになっており、多くても20万円はかかるものではないようです。